仮想通貨ウォレット
仮想通貨を始めてみたいけれど、いったい何から手を付ければいいのかわからない。そんなあなたは、まずはウォレットを作ってみてはいかがでしょうか。

「そもそもウォレットって何?」
「どうやって作ればいいの?」

気になりますよね。当記事ではウォレットとは何なのか、どうすれば作ることができるのかを、できるだけやさしく解説したいと思います。

仮想通貨、始めちゃう?ウォレットの基本

ウォレットは簡単に言ってしまえば銀行口座みたいなものです。銀行口座は、お金を預けたり、引き出したりするのに使いますよね。ウォレットはその仮想通貨バージョンで、仮想通貨を預けたり、引き出したりすることができます。

仮想通貨は、基本的にこのウォレットがなければ使用できません。ウォレットがないと、仮想通貨を保有することができませんからね。

なんだ面倒くさいなと思われるかもしれませんが、ウォレットを作ること自体はそんなに難しくありません。

たとえば、ビットフライヤーなどの仮想通貨取引所に登録したとします。ここでは会員登録を済ませれば、仮想通貨の売り買いができるようになるのですが、購入した仮想通貨をそのままサイト上にプールしておくことも可能です。

また、日本円に替えて引き出すことも可能。取引所は仮想通貨の売買ができるというだけでなく、ウォレットの役目も担っているんですね。

ですから、あなたが「ウォレットを作るのなんて面倒くさい!」と感じるのなら、取引所に登録をすればいいのです。そうすればウォレットも勝手についてきますからね。

ただし、取引所に仮想通貨を預けておくことにはリスクも伴います。最近コインチェックから仮想通貨NEMが大量に盗まれたことが大きく報道されましたけれども、取引所を狙うハッカーは少なくはありません。

取引所のセキュリティを突破されると、貴方が預けた仮想通貨がごっそり持っていかれる可能性もあります。個人的には、取引に使わない仮想通貨は個人的なウォレットに預けておいたほうがいいと思います。

ウォレットの作り方

ウォレットにはいくつかの種類がありますが、まあ難しいことは置いといて、

https://www.bitaddress.org/bitaddress.org-v3.3.0-SHA256-dec17c07685e1870960903d8f58090475b25af946fe95a734f88408cef4aa194.html

こちらのサイトにアクセスしてみてください。bitaddress.orgという無料でウォレットを作ってくれるサイトです。ページを開くと、マウスを動かすのに合わせて黄緑の点々が出て来ると思います。

これは暗号化に使うアルファベットを無作為に選んでいるのであり、中央のメーターが100%になると自動的にウォレットが作成され、画面に表示されます。何だかよくわからないやという方も、とりあえずアクセスしてみてください。全部勝手にやってくれますので。

さて、メーターが100%になった後、QRコードが二つ、表示されると思います。左に緑色の字で「SHARE」、右に赤色の字で「SECRET」と表示されるのですが、緑色の字のほう、つまり「SHARE」はあなたの銀行口座です。

たとえば誰かに仮想通貨を振り込んでもらうとき、このQRコードを送付するか、もしくはQRコードの下の英数字の並びを教えることになります。この「アドレス」と呼ばれるQRコード、もしくは英数字の羅列がなければ、仮想通貨の移動はできません。

他方、右の「SECRET」は、キャッシュカードの暗証番号のようなものだと考えてください。キャッシュカードを使ってATMで振込をするとき、暗証番号を入力しなければ、預けてあるお金を移動することはできませんよね。

逆に暗証番号を第三者に知られれば、お金を抜かれてしまうかもしれません。だからこそ右のQRコード、そして英数字の並びは「SECRET」。絶対に他人教えてはいけないのです。これは一般に「秘密鍵」や「プライベートキー」などと呼ばれます。

このウォレットですが、多くの人は、メモ帳などにコピペして、パソコンやスマホ上で保管するでしょう。しかしデータがネット接続された媒体の中にあるということは、ハッカーの攻撃対象になり得るということです。

多くの仮想通貨を預ける場合には、紙に印刷して保有することをおすすめいたします。先ほどのウォレット作成完了画面を印刷し、その後、サイトにアクセスした履歴などをすべて削除するのです。

紙媒体に記録されたウォレットは、当然ですが、ハッカーに攻撃される心配はありません。あなたが紙をなくしてしまったり、燃やしてしまったりしない限りは、絶対に安全です。

もしなくしてしまっても、アドレスと秘密鍵がわかれば問題はありません。

まとめ:ウォレットにも色々

以上、ウォレットについてご紹介いたしました。ここには書ききれませんでしたが、他にもアプリタイプのウォレットや、高セキュリティが売りのハードウェア型ウォレットなんかもあります。

最も安全で、かつ手間もお金もかからないウォレットは、間違いなくペーパーウォレット(紙に印刷)だと思います。

印刷後にアドレスと秘密鍵を別紙に書き写して、二重、三重にバックアップを取っておけば完璧ですね。