育毛有効成分
髪の毛を育てたい時は、育毛剤はおすすめです。育毛剤の中には、血行に関する成分も含まれていますし、成長因子に関する成分も入っています。髪の毛に対して栄養分を与える効果もありますし、ある意味肥料のような役割を果たしてくれる訳です。

髪の毛の血行促進に関する成分

育毛剤の中には、血行に関する成分が色々含まれています。そもそも髪の毛の生育状況は、血行に左右される一面があるのです。髪の毛に対しては、栄養分を補ってあげる必要はあるでしょう。
どこから栄養分が補われるかというと、血管なのです。お腹の中で吸収された栄養分が、血管というタイプで補給されるようなイメージです。育毛剤の中には、その血行に関する成分が入っている訳です。
具体的には、L-アルギニンやサイトカインなどの成分が含まれています。その他にもイチョウ歯やショウブ根などのエキスも入っていて、いずれも血行を促進してくれる効果が期待できます。それらの成分を髪の毛の根元に補給してあげると、栄養分の吸収も促進されやすくなる訳です。

成長因子に関する成分

それと髪の毛には、成長因子があります。いわゆる新陳代謝に関わっている成分ですが、基本的にはタンパク質でできているのです。グロースファクターと呼ばれることもあります。
成長因子は、加齢と共に失われる傾向があります。年齢が高めな方々は、20代の方よりも成長因子も少なめな傾向があります。
しかし育毛剤の中には、ツバメの巣エキスやアセチルデカペプチドなどの成分も入っているのです。それらは、いずれも成長因子を補ってくれる効果があります。

男性ホルモンの分泌を抑制する成分

それと育毛剤によっては、男性ホルモンに関する成分も入っています。男性ホルモンが過剰に分泌されると、薄毛になりやすい傾向があります。
ですが育毛剤によっては、冬虫夏草エキスやヒオウギエキスやノコギリヤシなどが含まれているのです。これらの成分は、男性ホルモンの分泌を抑制してくれる効果が期待できます。抜け毛を予防したい時は、育毛剤を使ってみると良いでしょう。

minamiawaji.info